誰の言葉か分からないものが今日も生まれ死んでいく
これもきっと既に私の言葉ではない


×